ベロタクシー会津きたかた

2011年12月26日

空間線量計の貸し出し及び運用に関する要望書

先日、山口信也 市長宛で

空間線量計の貸し出し及び運用に関する要望書が提出されました。

放射線に対する市民の安全・安心の確保のため、空間線量計の市民貸し出しとその運用が示されましたが、空間線量数値が低いから安全・安心であるという目線ではなく、市民個々の日常生活の不安解消が行政の役割であることを認識し、下記の内容を考慮し対処されるよう要望します。

 ● 年間1ミりシーベルトを目標とした除染対策を実施すること。

 ● 空間線量の測定にあたっては、玄関、居間及び任意の場所などのデータ収集に努めること。
 ●高い線量の場所の除染対応に努めること。


-------以下、私見-------------
数値的根拠を公開し知ってもらうことが不安低減の近道。。
posted by velostyle at 13:38| 福島 ☁| Comment(0) | ■粋なベロタクシー目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。