ベロタクシー会津きたかた

2011年03月16日

私たちは喜多方に生かされた「人」です。、ヒトは人であって支えあう!

高島さんから

明日、宮城県入りの準備をしていたら
義理姉よりメールがあり

「今は、来ない方が懸命です。
 私達は、手持ちの物で、我慢出来ますので
 もう少し落ち着いたら、支援お願いします。」との事。


道路もダメで、場所によっては心ない人が、車からのガソリン略奪や空き巣が始まってるようです。また、ガソリンが入手出来るようになると、大手スパーに人が殺到し、混乱が起きる事を心配しています。被災者の心境は察しますが、こんな時こそ「大和魂」を見せる時かと思いつつ、出発の準備を進めています。

----

トイレットペーパー12ロールで1千人がトイレに。

バナナ1房で10人の子供にオヤツ。

ガソリン10Lで怪我人4人を隣町に搬送。

パン1斤で1家族が食事。

ガスコンロ1本で10人が暖かいご飯。

お米5kgでオムスビ120個。

電池1個で100人がラジオ聞けます

-----





私たちは喜多方に生かされた「人」です。
posted by velostyle at 21:50| 福島 ☁| Comment(0) | ■粋なベロタクシー目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。