ベロタクシー会津きたかた

2011年02月20日

★☆沿道から祝福を!蔵ウエディングin喜多方!★☆

★☆地域に根ざしたひらかれた挙式のかたち★☆


3年前の「喜び多き蔵ウエディング」事業では大島ご夫妻が
翌年には、佐藤ご夫妻の新郎新婦をベロタクシーで花嫁行列後
各交差点ではマチの方々に祝福されました。





あれから、2年・・・






新郎 裕丈さん 新婦 麻紀さん からのメッセージ

謹啓 啓蟄の候

皆様方に於かれましては、ご健勝のこととお慶び申し上げます。

子守唄が祭り囃子だったという新郎・裕丈さんは市内にある北宮諏方神社の夏の祭礼が好きなお祭り男だ.裕丈さんはこの界隈で生まれ育った.そんなふるさとへ 当時おつきあいしていた新婦・麻紀さんを連れて初めて訪れたのは2006年の夏.麻紀さんは 蔵のたたずまいにどこか懐かしさを覚え 山車のうしろで太鼓を叩く裕丈さんの凛とした姿にドキッとした.それからふたりは毎年のように喜多方を訪れいつしか喜多方でこの土地らしい挙式をしてみたいと思うようになった.「私にとっては喜多方と言えば祭と日本酒! 今回の挙式を通じて より多くの人に喜多方の町の魅力を知ってもらえたら」と裕丈さん.「喜多方ってラーメンだけじゃなかった」と新たな側面を発見した麻紀さんは すっかり蔵の魅力の虜になった.祭り囃子と美味しいお酒に育まれたふたりの愛は 喜多方の酒蔵で実を結ぶことになった.

日頃 お世話にな..ております喜多方の町の皆様へは感謝を込めて また初めて喜多方を訪れた方には 手前味噌ではありますが、この町の魅力を少しでもお伝えできればと思っています。 敬白


喜多方の「蔵ずまい」の文化と現代とを融合し、地域力を活かしたスタイルを考えております。またこれは喜多方を愛する若い新郎新婦ふたりたっての願いでもありますが、故郷への恩返しの意味も込めてこの挙式を通じてより多くの方に、喜多方の町の魅力を知って頂ければと思っております。

北宮諏方神社から北方風土館までを皆様の思いで祝福していただければ幸いです。

■ 日時:

2011年3月5日(土)12 時〜12 時15 分頃


■ 場所:

挙 式
 ↓
北宮諏方神社から披露宴会場
 ↓
大和川酒蔵・北方風土館
までを新郎新婦ならびに参加者が歩きます


プロデュース:LADIRB(ラディーブ)東京都港区南青山


沿道でお二人を祝福したいですね(^^ゞ
posted by velostyle at 21:11| 福島 ☁| Comment(0) | ■何とかせねば喜多方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。