ベロタクシー会津きたかた

2011年02月09日

★Made in KITAKATA ★話題の世界に一つだけの○○○○フォンカバー

一昨日から高橋政巳先生にお願いしていた

スマートフォンカバーに名前が入って返ってきました。





ベロタクシー喜多方、まちなか案内でお客様を連れていくと、必ず120%満足いただける場所が、高橋政巳先生の樂篆工房!

名は体を表す。という中国古来のことわざ!
人って、名前のとおり生涯を送るんですよね(^^ゞ

ということで、名前の意味を教えて頂けます。


そこで、わたくしのスマートフォン「Galaxy S 」のカバーに漆に似た塗料で名前を入れてもらいました。





「司圭」: 圭司と書いてあります。

「圭」: 治水事業、土木工事で国を興隆させた紀元前2070年頃の禹王を称する漢字として「圭」がうまれたそうです。

「司」: 膝に手をつき、王さまが腰を曲げて、「口」穴を覗いて民を見ている様子。




六年前に先生に自分の名前の由来を聞いて、自分のやっていることに自身をもって事業を全うできていることに感謝でいっぱいだったので、その感動を多くの方々にベロタクシーを通じて案内してきました。


日本人が、忘れかけていることが
一番身近な名前の漢字を通して
教えて頂けます。



posted by velostyle at 16:49| 福島 ☁| Comment(2) | ■宝箱ひっくり返したお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜、かっこいい☆
"世界にひとつだけのスマホ"、うらやましいです。

うちも先日、高橋先生に、息子の銀行印などをお願いしたんですよ。
(ちなみに今のは、赤ちゃんの時に買った、「おさるのも○きち」印^^;)

オリジナルスマホも印鑑も、先生の文字を使うと運が開けそうな気がしますね。
Posted by RIKI at 2011年02月10日 19:54
RIKIさん


政巳先生のスマホカバー。。

実は、もう一度先生の下に戻りました。

というのは、新しくスマホカバー文字入れを商品化するのにあたり、納得いかなかったようで、今回アップした画像とまた違った出来上がりになると思います。。



それにしても、カバーしないで寒いところでスマホ使ってると本体裏上部が暖かくてイーですね。


まだまだ、寒いですがお身体ご自愛のほど(^^♪
Posted by 江花けいじ at 2011年02月13日 17:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。