ベロタクシー会津きたかた

2011年11月28日

ヒルクライムチャレンジシリーズ喜多方プレ大会2011 ご協力いただけました皆様へ この度、初めての取り組み「ヒルクライムチャレンジシリーズ」 3都市での大会...

ヒルクライムチャレンジシリーズ喜多方プレ大会2011
ご協力いただけました皆様へ


この度、初めての取り組み「ヒルクライムチャレンジシリーズ」
3都市での大会がすべて終了し、各大会に関する内容をまとめることが
できましたので、ご報告させていただきます。

9月25日に行われました、ヒルクライムチャレンジシリーズ喜多方プレ大会
晴天に恵まれ、参加者にも恵まれ新たな客層を喜多方に呼ぶことができました。
大会開催にご支援ご協力いただけましたこと本当に感謝申し上げます。


ヒルクライムチャレンジシリーズ2011年は、新潟十日町市、喜多方、岡山高梁市
の3都市で開催されました。

5月17日の日本サイクリング協会での記者発表から募集を開始し
新潟十日町市 160名
福島喜多方市 270名
岡山高梁市  650名
と、募集期間が長かった高梁市が関西でも唯一の大会ということも
あり初大会ながら参加者が多かったようです。

また、行政主導で行われた高梁市ですが、震災後3月28日
押切川公園体育館の避難所にトラックをチャーターして多くの
支援物資を届けていただきました。



今回のシリーズで、何度も練習するため来街する選手が数多く見られました。
高梁市では、おもてなしとして簡易自転車ハンガーの設置により
まち全体で歓迎ムードをつくっていました。
                (添付 : 0731自転車ハンガー設置.pdf)

--

自転車雑誌「サイクリング・ジャパン」に掲載される喜多方大会2012の
概要も添付足しました。(CJ-11-Win-喜多方特集-1126.pdf)

--- 眺望絶佳の激坂9.2%の喜多方雄国大会(予告) ---
 ヒルクライムチャレンジシリーズ喜多方大会2012
  ■ パレードランコース http://yahoo.jp/LX-KE4
  ■ 計測競技コース http://yahoo.jp/XwWfWd



来年の2012年 喜多方雄国大会が開催できますよう
皆様方のご支援、ご協力どうぞよろしくお願いいたします。



※どうぞ、ご指導もよろしくお願いいたします。


 ※最下部のURLよりダウンロードください。
   ヒルクライムチャレンジシリーズ2011活動報告書1111.pdf
   CJ-11-Win-喜多方特集-1126.pdf
   0731自転車ハンガー設置.pdf
 http://velstyle.net/uploads/hccs2012.zip


ヒルクライムチャレンジシリーズ2012喜多方大会パレード
latlonglab.yahoo.co.jp
■パレードラン萩平駐車→芦平稲荷神社(左折)→七之亟(右折)→七本木神社(右折)→井戸尻(左折)→第2の恋人坂→宮ノ目入口商店→辻の地蔵尊(スタート)計測スタート→恋人坂UP
posted by velostyle at 17:01| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

そのお土産にできるよう保存可能のパウチされた塩川とりもつが、こんな感じ! めちゃくちゃ旨い(^^ゞ

そのお土産にできるよう保存可能のパウチされた塩川とりもつが、こんな感じ!
めちゃくちゃ旨い(^^ゞ
posted by velostyle at 11:15| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両国第一ホテルにて東京塩川会で喜多方市塩川町の人気商品を即売! 名物の塩川とりもつもお土産Ok!

両国第一ホテルにて東京塩川会で喜多方市塩川町の人気商品を即売!
名物の塩川とりもつもお土産Ok!

posted by velostyle at 11:12| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

喜多方の産業遺産「三津谷煉瓦の登り窯」に本日から火入れ 時間 2011年11月25日18:00〜27日22:00 場所 岩月町宮津字火付沢3567番地1...

喜多方の産業遺産「三津谷煉瓦の登り窯」に本日から火入れ


時間 2011年11月25日18:00〜27日22:00

場所 岩月町宮津字火付沢3567番地1


本日(25日)より「再生プロジェクト第5回目」の窯焚きを開始いたします。

一昨日の23日には勤労に感謝しつつ、最後の窯(今回は六の窯)に子供たちが作った神さまの顔の土面を詰めました。
実際に放映で使用されるかは未定ですが、NHKの取材もありました。
火入れの様子と窯出しの様子も取材されるとのこと。

火入れの予定工程は次の通りです。

本日(25日) 18:00〜 直前作業
      19:00〜 火入れ開始 12時間バーナー

26日(土)  7:00〜 薪投入開始 種火つくり
      10:00〜 1の窯 薪投入 5時間
      15:00〜 2の窯 予定10時間

27日(日)  1:00〜 3の窯 予定 5時間
6:00〜 4の窯 予定 4時間
10:00〜 5の窯 予定 4時間
14:00〜 6の窯 予定 4時間
18:00〜 火止め作業
      22:00  全工程終了

今回は温度計測を行わずに、窯の状態を目と耳で確認する昔ながらの焼き方の習得をめざします。
煉瓦以外のやきものも行いますので、得る物の多い窯焚きになるでしょう。

参加してくれる人が多ければ、窯屋の補修等、他に行いたいことも有ります。
人手はいくらあっても足りない状態なので、是非とも応援にいらしてください。
(特に深夜の時間帯は手薄なので来ていただけるとありがたいです。)
飲み物・食料の差し入れも大歓迎です。

posted by velostyle at 13:07| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

【要望対応報告】東電への緊急要望書 平成23年9月20日付で喜多方市議会から要望した下記の6件についての対応が市当局より報告されましたので下記URLブログに掲...

【要望対応報告】東電への緊急要望書

平成23年9月20日付で喜多方市議会から要望した下記の6件についての対応が市当局より報告されましたので下記URLブログに掲載させていただきます。

http://blog.canpan.info/kaneki/archive/920

【参考】要望事項
1.風評被害の対策にあたっては、災害対策基金等の活用計画を策定し、早急に有効活用を図ること。

2.線量計を各行政区に貸し出しできる体制の整備を図り、マップ作成等に活用できるよう、その結果については、随時公表すること。

3.農産物の検査体制(検査機器の整備と専門人員の配置)を充実すると共に、学校給食等の食材の安全に万全を期すること。

4.稲わらともみの処理、利用及び処分については、国県の指示を遅滞なく各農家に周知徹底すること。

5.汚泥の処理については、安全を期するため、特段の配慮を講ずること。

6.風評被害、損害賠償相談窓口の充実を図ること。

http://blog.canpan.info/kaneki/archive/920




【要望対応報告】東電への緊急要望書-喜多方の価値を高める江花圭司の★かね喜屋★見聞録
blog.canpan.info
posted by velostyle at 11:45| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【要望対応報告】東電への緊急要望書

平成23年9月20日付で喜多方市議会から要望した6件についての対応が市当局より報告されましたので掲載させていただきます。


要望書内容


福島原発の廃炉と収束を求める原発事故に関する
緊急要望書を喜多方市議会として山口市長へ提出しました。



要望事項



東京電力福島第一原子力発電所事故に関する緊急要望書



東京電力福島第一原子力発電所事故は、本市の農業、商工業、観光サービス業等、あらゆる分野に影響をもたらしているのみならず、風評被害や日常生活上の精神的苦痛など間接的被害は計り知れないものがあります。

 つきましては、今後の対策に万全を期するため、別紙「要望事項」を取りまとめましたので、迅速に実現をはかられるよう要望いたします。

平成23年9月20日

要望事項

1.風評被害の対策にあたっては、災害対策基金等の活用計画を策定し、早急に有効活用を図ること。

【対応】
 風評被害の対策については、産業部の農林課、商工課及び観光交流課の3課による地震災害対策本部の風評被害対策班が中心となり、「負けない喜多方・がんばろう福島」をスローガンに、首都圏でのトップセールス、観光物産フェアによる農産物を含む地場産品・観光PRなどを行っております。
 今後も、首都圏をはじめ、本市を訪れる観光客が多い隣接県を中心に、風評被害払拭と観光誘客の推進を図ってまいります。
 災害対策基金の活用につきましては、「喜多方市災害対策基金の活用」に基づき、風評被害対策のための首都圏の市場訪問や旅行会社訪問等の旅費、ポスター・チラシ等の作成経費あどに同基金を活用してまいりました。
 今後も、引き続き基金を活用してまいりたいと考えておりますが、本年度の地方交付税において、風評被害対策経費など原発事故に起因する東日本大震災関係費用の一部について特別交付税措置が講じられることとなり、一方、風評被害対策経費の財源として基金を充当する場合には特別交付税措置の対象外となることから、今後は特別交付税措置の有無も考慮し、災害対策基金を有効活用してまいる旨を市当局より報告うけました。



2.線量計を各行政区に貸し出しできる体制の整備を図り、マップ作成等に活用できるよう、その結果については、随時公表すること。

【対応】
 放射線測定は、これまでが県が保育所、学校、講演、公民館、道路等の公共施設などで定期的に行っており、市では県が実施する測定の補完として、本庁及び各総合支所において毎日、市内の主要な公共施設157箇所において月1回放射線測定を実施し、その測定結果について、市ホームページ及び「喜多方からの緊急情報(広報誌)」により、随時公表しております。
 また、行政区からの要請により、集会施設など行政区の中心施設で測定を行うとともに、線量低減化活動支援事業の一環として行政区からの要請により、職員が出向き、広場や通学路、側溝などを測定してまいりました。
 今般、文部科学省が県内市町村に線量計を貸与することとなり、本市には貸出用に簡易測定器が11月に13台、12月に50台、来年1月に68台の計131台が貸与される予定。それを有効活用するため、行政区等への貸出について現在、体制整備を図っています。
 線量計の貸出しによる測定結果については、あらかじめ測定方法について使用者に説明することといたしておりますが、測定の高さなど測定の仕方によって誤差が生じやすいため、公表しない考えである旨を市当局より報告うけました。



3.農産物の検査体制(検査機器の整備と専門人員の配置)を充実すると共に、学校給食等の食材の安全に万全を期すること。

【対応】
 本市の農産物の放射性物質の測定については、県がゲルマニウム半導体検出器により測定して公表しておりますが、野生のきのこ及び乾燥ドクダミを除き、本市で生産される農産物からは暫定規制値を超える放射性物質は検出されておりません。
 今般、国民生活センター(所轄官庁:消費者庁)が県を通して、県内市町村に簡易型の放射性物質検査機器を貸与することとなったことから、県の放射性物質測定の補完として、市民が生産する自家用野菜等の安全性を確認するため、野菜等の放射性物質の検査体制の整備に向けて準備を進めております。
 また、加工食品の放射性測定については、県が県内に住所並びに事務所または事業所を有する食品加工業者を対象として、県内で製造し、出荷・販売する加工食品(飲料を含む)について、10月17日からハイテクプラザ及びハイテクプラザ会津若松技術支援センターで無料で測定を開始しております。
 なお、学校給食の食材のうち地元農産物の放射性物質検査については、8月から市内小中学校給食で使用する前に、各調理場(4施設)及び自校方式の学校(5校)において使用頻度が高く使用量が多い農産物20品目を選定し、市独自で民間専門検査機関(ゲルマニウム半導体検出器使用)に検査を委託しております。
 10月末までに15品目の検査を実施しましたが、すべて不検出であり、今後さらに5品目の検査を実施する予定であり、今後とも食材の安全には万全を期してまいる旨を市当局より報告うけました。



4.稲わらともみの処理、利用及び処分については、国県の指示を遅滞なく各農家に周知徹底すること。

【対応】
 稲わらともみ殻の処理、利用等については、10月3日付けで県により検査結果が公表され安全性が確認されたため、えさとしての給与や敷料として利用することが可能となりました。
 これからの周知については、10月4日には各畜産農家へ、10月5日にはJAや集荷業者等を通じ各稲作農家等へ文書により遅滞なく通知したところであり、10月13日の緊急情報にも掲載し周知徹底を図ったところである旨を市当局より報告うけました。



5.汚泥の処理については、安全を期するため、特段の配慮を講ずること。

【対応】
 汚泥の処理につきましては、8月下旬から10月上旬にかけて、市立の保育所、幼稚園、小中学校の雨水枡、側溝等の清掃を行い、排出された汚泥を専門機関において放射能測定を行った結果、比較的高い放射性物質を含んでいることが明らかになったことから、喜多方地方広域市町村圏組合と協議し、同組合の羽山最終処分場に仮置きすることとしました。
 また、仮置きにあたっては、同組合と共に地域住民への説明を行い、汚泥の搬入予定など事前にお知らせするとともに、汚泥飛散防止のための措置や地元集会施設及び施設周辺地点の放射線量を定期的に測定し、地域住民に測定結果を報告しております。
 今後も、汚泥の処理については、広域市町村圏組合と連携を密にし、最終処分場の近隣住民のご理解をいただきながら適性に行ってまいること市当局より報告うけました。
 なお、下水道汚泥につきましては、各下水処理場から発生する汚泥の放射性セシウム濃度の調査を定期的に行っており、喜多方浄化センターの汚泥については200ベクレル/kgを下回ったことから、10月末より肥料原料として搬出処分をしております。今後も引き続き、汚泥の放射性セシウム濃度と各処理場お放射線量の調査を定期的に行い安全を確認するとのことです。



6.風評被害、損害賠償相談窓口の充実を図ること。

【対策】
 損害賠償相談窓口の充実につきましては、東京電力では、4月から会津若松補償相談センターにおいて約30名体制で相談業務にあたっております。
 本市といたしましては、本市の被害者の賠償請求手続きが円滑に進むように、東京電力会津若松補償相談センターを通して、本市に賠償窓口を設置するよう要請してまいりました。その結果、去る10月31日から原則として毎週月、水、金の3回、東京電力の社員が本市を巡回し、相談業務を行うことになりました。具体的には、喜多方プラザで毎週水曜日と金曜日の2回、会津喜多方商工会議所では月曜日に、きたかた商工会では金曜日に、東京電力の社員6名がそれぞれの会場を巡回し、損害賠償の相談業務を行っております。
 なお、今回の東京電力の巡回相談窓口の設置や損害賠償請求手続きの説明会開催などにおいては、会津喜多方商工会議所、きたかた商工会等と連携を図りながら、市としても巡回窓口の設置場所の相談、説明会開催の案内など協力してまいりました。
 また、県では、損害賠償請求手続きが本格的に開始されたことに伴い、10月から県弁護士会と連携し、弁護士による巡回の法律相談を実施しており、県会津若松合同庁舎においては毎週1回、予約制で開設しているところです。
 市としましては、被害者が円滑かつ適正に損害賠償の請求ができるように、引き続き市地震災害対策本部において情報収集及び発信を行うとともに、農林課(総合支所産業課)、商工課、観光交流課及び生活環境課に設置している原子力損害賠償相談窓口において指導・助言しております。




平成23年11月18日 全員協議会にて報告ありましたので掲載させていただきます。
posted by velostyle at 11:08| 福島 ☁| Comment(0) | ■何とかせねば喜多方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

喜多方医師会医学会の講演 講義に喜多方看護学校の皆さん 喜多方市地域家庭医療センター ほっと☆きらりの武田仁さん発見

喜多方医師会医学会の講演
講義に喜多方看護学校の皆さん
喜多方市地域家庭医療センター
ほっと☆きらりの武田仁さん発見


ウォールの写真
posted by velostyle at 15:17| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

先月講演いただいた 木下 斉さんとオガール紫波が! 第1回 まちづくりオープン会議 〜まちづくりにインターネットを活かす!〜 <<コーディネーター>> 木...

先月講演いただいた 木下 斉さんとオガール紫波が!

第1回 まちづくりオープン会議 〜まちづくりにインターネットを活かす!〜

<<コーディネーター>>
木下  斉さん 一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス
         代表理事
<<ゲスト登壇者>>
猪熊 梨恵さん 札幌オオドオリ大学 学長(北海道札幌市)
佐々木 望さん オガール紫波株式会社 事業部(岩手県紫波町)
田中 勝良さん 株式会社御祓川 みせ育て課(石川県七尾市)
山田 有希さん 富士市民活動センター・コミュニティf センター長
         (静岡県富士市)

 第1回まちづくりオープン会議では、全国各地でまちづくり会社の経営
効率の改善を目指して活動し、ご自身もtwitterを使って頻繁に情報発信を
行っている木下斉さんをコーディネーターに迎え、日々、インターネット
を活用した情報発信やソーシャルメディアを介した取り組みを進めている
若手スタッフの方々に集まっていただきます。
 それぞれの方からご自身の取り組みについてご紹介をいただいたあと、
まちづくりとインターネットが交差する現場のリアルな手応えや苦労話、
そして今後の展望をお話しいただくとともに、ユーザーのみなさまから
寄せられる質問に答えながら、まちづくりにおけるインターネットの活用
の可能性や方法、問題点などを考えたいと思います。

◎質問募集について

 登壇者のみなさまへのご質問をお気軽にお寄せください。ご質問は、
以下の要領で街元気事務局宛にご連絡ください。

〆切  :11月24日(木)
送付先 :machigenki@mri.co.jp 宛
     ご自身の年齢や職業、お住まいの地域などの情報も明記して、
     お早めにご連絡ください。
posted by velostyle at 17:09| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

冬の喜多方を100倍楽しむ方法についてのアイデア会議 日 時:11月16日(水)午後6時30分 場 所:商工会議所 参集者:喜多方市のアイデアマン その他...

冬の喜多方を100倍楽しむ方法についてのアイデア会議


日 時:11月16日(水)午後6時30分
場 所:商工会議所
参集者:喜多方市のアイデアマン
その他:すご〜く気楽に参加してください。言いっぱなし大歓迎!!

目的は、中心市街地への賑い創出/地元購買促進/地域資源のブラッシュアップ
などなど、硬い目的はあるものの、来場者もスタッフもワクワクするようなイベントを
企画して、地元にお金がおりないかなぁ〜ということです。
復興支援ということで、様々な補助事業もありますし、皆様のお知恵を拝借できれば
と思います。
posted by velostyle at 23:05| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

喜多方と筑波大生55人によるお祭り騒ぎ!「LIFE! まつり」

喜多方と筑波大生55人によるお祭り騒ぎ!

「喜多方交響曲2011」では復興を主たるテーマとして、喜多方と縁が生まれた大学生達と
一緒に様々なプログラムを展開中です。

 この度「筑波大学芸術専門学群」の50名を超える学生や院生による、復興支援を目的
とした学園祭「LIFE! まつり」を開催することになりました。
学生たちがアートにできることを真摯に考え、東北・福島の文化・地域資源から学び、

新しい生き方の提案をいたします。

若者たちの新鮮な発想とエネルギーによって地域に刺激と活力をもたらしたいと思います。
皆様お誘いあわせの上、是非とも足をお運びください。

イベント名  :LIFE! まつり
実施年月日  :平成23年11月19日(土)〜11月20日(日)
会場     :三十八間蔵&喜多方グリーンホテル北隣の空地
実施内容等  :添付のチラシをご参照下さい。





喜多方と筑波大生55人によるお祭り騒ぎ!
「LIFE! まつり」SPECIAL GUEST!

明和電機 LIVE / 11月19日 17:00〜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
筑波大学大学院・芸術研究科博士課程出身の土佐信道プロデュースによる芸術ユニット、ナンセンスな「製品」の数々を開発し、それらを発表する「製品デモンストレーション」なるライブ活動を展開するなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業スタイルで活動を行っている。
追っかけファンを引き連れて、ついに喜多方市に登場!
http://www.maywadenki.com/


THE PARTY LIVE / 11月19日 15:45〜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2002年に筑波大学にて結成されたアート軍団。
「喜多方に来たかった」というスローガンをもとに音楽、演劇、お笑いを渾然一体としたライブパフォーマンスを全国で展開し続ける。
『キン肉マン』の アデランスの中野さんが言うように、女房を質に入れてでも見に来る価値のある団体として現在申請中!


NEXT KITCHEN「OH!NABE」/ 11月19日 12:00〜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2008年に筑波大学芸術専門学群卒業生の中山晴奈によって設立。
食というテーマを無限大にとらえ、現場性を重視したケータリング、食のある風景をデザインする空間デザイン、あらゆるチャンスを五感化するフードデザイン、芸術の知識・繋がりを生かしたアートとフードのマネジメントを行う。
11月19日には喜多方ゆかりの食材を用いた温かな大鍋料理を地元の方々とコラボして振舞う予定。


パパ・タラフマラ 小池博史 TALK SESSION / 11月20日 10:00〜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
他に比類のないパフォーミングアーツの集団「パパ・タラフマラ」を率いる小池博史氏が取り組んできた、ダンス、演劇、美術、音楽の世界を通して新しい時代に向けた表現の可能性を探る、映像とトークのセッション。






= SHOP & CONTENTS LIST =

●おかわり
●壊滅的手芸部
●こものやさん
●ポエム屋さん
●ピカデリー産物
●福島生まれわが家育ち野菜
●芸術専門学群☆似顔絵屋さん
●川中商店
●MISEofWADA
●コブリンスタジオin喜多方
●筑波大学フォルクローレ愛好会
●ライブイベント
●Radio/DJ&VJ
posted by velostyle at 21:54| 福島 ☁| Comment(0) | ■何とかせねば喜多方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜多方と筑波大生55人によるお祭り騒ぎ! 「LIFE! まつり」SPECIAL GUEST! 明和電機 LIVE / 11月19日 17:00〜 ~~~~~~...

喜多方と筑波大生55人によるお祭り騒ぎ!
「LIFE! まつり」SPECIAL GUEST!

明和電機 LIVE / 11月19日 17:00〜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
筑波大学大学院・芸術研究科博士課程出身の土佐信道プロデュースによる芸術ユニット、ナンセンスな「製品」の数々を開発し、それらを発表する「製品デモンストレーション」なるライブ活動を展開するなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業スタイルで活動を行っている。
追っかけファンを引き連れて、ついに喜多方市に登場!
http://www.maywadenki.com/


THE PARTY LIVE / 11月19日 15:45〜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2002年に筑波大学にて結成されたアート軍団。
「喜多方に来たかった」というスローガンをもとに音楽、演劇、お笑いを渾然一体としたライブパフォーマンスを全国で展開し続ける。
『キン肉マン』の アデランスの中野さんが言うように、女房を質に入れてでも見に来る価値のある団体として現在申請中!


NEXT KITCHEN「OH!NABE」/ 11月19日 12:00〜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2008年に筑波大学芸術専門学群卒業生の中山晴奈によって設立。
食というテーマを無限大にとらえ、現場性を重視したケータリング、食のある風景をデザインする空間デザイン、あらゆるチャンスを五感化するフードデザイン、芸術の知識・繋がりを生かしたアートとフードのマネジメントを行う。
11月19日には喜多方ゆかりの食材を用いた温かな大鍋料理を地元の方々とコラボして振舞う予定。


パパ・タラフマラ 小池博史 TALK SESSION / 11月20日 10:00〜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
他に比類のないパフォーミングアーツの集団「パパ・タラフマラ」を率いる小池博史氏が取り組んできた、ダンス、演劇、美術、音楽の世界を通して新しい時代に向けた表現の可能性を探る、映像とトークのセッション。




= SHOP & CONTENTS LIST =

●おかわり
●壊滅的手芸部
●こものやさん
●ポエム屋さん
●ピカデリー産物
●福島生まれわが家育ち野菜
●芸術専門学群☆似顔絵屋さん
●川中商店
●MISEofWADA
●コブリンスタジオin喜多方
●筑波大学フォルクローレ愛好会
●ライブイベント
●Radio/DJ&VJ


ウォールの写真
posted by velostyle at 21:35| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜多方と筑波大生55人によるお祭り騒ぎ! 「喜多方交響曲2011」では復興を主たるテーマとして、喜多方と縁が生まれた大学生達と 一緒に様々なプログラムを展開中...

喜多方と筑波大生55人によるお祭り騒ぎ!

「喜多方交響曲2011」では復興を主たるテーマとして、喜多方と縁が生まれた大学生達と
一緒に様々なプログラムを展開中です。

 この度「筑波大学芸術専門学群」の50名を超える学生や院生による、復興支援を目的
とした学園祭「LIFE! まつり」を開催することになりました。
学生たちがアートにできることを真摯に考え、東北・福島の文化・地域資源から学び、

新しい生き方の提案をいたします。

若者たちの新鮮な発想とエネルギーによって地域に刺激と活力をもたらしたいと思います。
皆様お誘いあわせの上、是非とも足をお運びください。

イベント名  :LIFE! まつり
実施年月日  :平成23年11月19日(土)〜11月20日(日)
会場     :三十八間蔵&喜多方グリーンホテル北隣の空地
実施内容等  :添付のチラシをご参照下さい。

喜多方まちづくりセンターのホームページからもご覧になれます。
http://kitakata-machi.com/


ウォールの写真
posted by velostyle at 21:07| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

TPPに関する内閣総理大臣補佐官 長島 昭久氏からのメッセージ ● 質問1  それぞれの国(特にアメリカ)が日本に不利な条件を出して来ると想定されます。今の...

TPPに関する内閣総理大臣補佐官 長島 昭久氏からのメッセージ


● 質問1
 それぞれの国(特にアメリカ)が日本に不利な条件を出して来ると想定されます。今の日本の状況(経済力、周辺諸国の脅威、日米同盟低下、政治不安定)でアメリカと同等な立場の交渉が出来ると思いますか?日本独自の価値観を守る事が出来ますか?

回答1
TPPをめぐっては、「対米国」という視点が強調される嫌いがありますが、私としては「対中国」の視点こそが核心だと思っています。今のままの日本で、アジアにおいて意味のある国で存在し続けることは不可能です。農業のみならず、医療や介護、金融や保険の分野でも閉鎖的な体質が災いし、本来経済成長が望めるこれらの分野で出口のない閉塞感に覆われています。製造業における競争条件の不利は言うに及ばずです。台頭する中国のパワーに立ち向かうには、ルールメイキングしかありません。日米でアジア太平洋地域の経済と安全保障のルールと秩序を仕切る、というのがTPP(および海洋の安全保障)に込められた本質的な意義です。日本が今決断できなければ、やがて米中に仕切られるでしょう。中国に仕切られるのと米国に仕切られるのと、どちらを選択しますか?



● 質問2
東アジア共同体構想も最近あまり聞かなくなりました。
おそらく国民から見ると振って湧いたように出たTPPという観は否めませんが、実際いつ頃から議論されていたのですか?
最初から賛成の立場だったのですか?

回答2
「東アジア共同体」構想は、ナイーブな左派リベラル思想の産物で、とどのつまりは中華文明圏への屈従以外の何物でもありません。したがって、野田政権ではこれを拒否しました。上述の通り、中国中心の東アジア共同体構想を放棄して、日米で経済も安保も仕切る「アジア太平洋共同体」構想へシフトしたのです。

なお、TPPは、前回総選挙当時は未だシンガポールやブルネイなど4カ国だけのマイナーな自由貿易協定に過ぎませんでした。昨年9月に米国と豪州が参加表明することにより、環太平洋全域を巻き込む壮大な自由貿易圏構想へ発展しました。そして、昨年11月の横浜APECにおいてアジア太平洋全域の完全自由貿易体制FTAAPづくりへの重要なステップとしてTPPが位置付けられ、我が国も参加の意思を固めたのです。この点、昨年11月16日、総理のAPEC報告を受けての私の衆院本会議代表質問をインターネット衆議院TVで是非ご覧ください。http://www.nagashima21.net/kokkai/index.html




● 質問3
平成の開国などとも言われていますが(私的には違和感)
日本の自主独立、憲法改正、軍備増強、核武装等の意見もありましたか?

回答3
「平成の開国」は、明治の開国と同様、自主独立への第一歩だと捉えています。そもそも、「第二の開国」と呼ばれる終戦後の改革は、占領下に始まったものがほとんどで完璧に米国主導でした。当時の日本は、軽武装で経済中心の国家経営を目指した吉田路線でこれに応えました。一方、当時から、鳩山一郎、芦田均、岸信介、重光葵、中曽根康弘らは、改進党に続き日本民主党を結成し、自主独立、再軍備、憲法改正を謳って吉田自由党に対抗しました。1955年に社会党の統一に触発され「保守合同」となり両者が融合して対立軸が曖昧になってしまいましたが、野田総理を代表とする「民主党保守派・現実路線」は、60年前の日本民主党が目指した自主独立、再軍備、憲法改正を現代風に改善し「自立、防衛力整備、創憲」を掲げて、自民党主流(守旧)派に対抗しようとしているのです。そのような観点から、昨年の防衛計画の大綱見直しも、今回のTPPも、南シナ海でのルールメイキングも、遠くない将来に実現を目指す武器輸出三原則の緩和措置も考えているとご理解ください。



● 質問4
福島原発に関するマスコミ、学者、政治家のうそが明らかになったと感じております。
民主党のマニュフェストも守ることが出来なかった。
それらの総括もないまま、今おそらく国民は誰を信用してよいのかわからない状態だと思います。今後憶測が憶測を呼び、あること無い事加速度的に拡散していくと想像されます。
TPPおばけが巨大化する前に、残りわずかな時間で、国民のコンセンサスを得ることが出来るのでしょうか?
または強引に勧めるのでしょうか?
そうでない場合の他の選択肢はあるのですか?

回答4
日本がアジア太平洋における経済分野のルールメイキングに参画するため、APECにおける交渉参加表明はギリギリのタイミングです。これを逃せば、後でどんなに立派な決断をしてももはや手遅れ、誰も相手にしないでしょう。その上で、交渉妥結までにはなお2ー3年かかる見通しです。今後、交渉の過程でも、妥結後の国会批准プロセスでも、批准後関税ゼロになるまでのさらなる10年間に、国民の意見を聞く時間は十分にありますし、業界の再編や農業の改革のための時間も十分にあります。

政府の信頼が失墜していることの責任は痛感しています。政治そのものへの不信と言うべきでしょう。しかし、いまこの政治家と政府で日本の舵取りのために決断を下し、必要な政策を実行に移していくしかないというのも紛れもない現実です。現在、過去、未来の日本および日本人の最大利益を見つめ、困難な決断を重ねて参る所存です。固より、結果責任は取らせていただかねばならぬと覚悟しております。どうぞご理解の上、引き続きのご支援よろしくお願いします。





国会質疑 - 長島フォーラム21
www.nagashima21.net
長島昭久
posted by velostyle at 07:31| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

TPPの意思表示!11月10日(木)に行うことになった野田首相記者会見を前にしてネット上でも話題が多くなってきたようですね! 結局、今まで行ってきた様々な貿易...

TPPの意思表示!11月10日(木)に行うことになった野田首相記者会見を前にしてネット上でも話題が多くなってきたようですね!

結局、今まで行ってきた様々な貿易の自由化で日本の農山村の地場産業が衰退し、一次産業で暮らしていくのが困難になり、兼業で地元事業所などへ雇用を求めるが、雇用を満たす器も持続できず、地方都市からは働く場がないと若者はドンドン首都圏に。

首都圏では、モノが溢れ本来あったニッポン人の心は失われつつ、物欲を満たすため各種産業は合理化を進め、市場原理主義の世の中になり、その波が地方都市へ進出し外資産業が元々あった地方都市の産業を食い散らかして、地方都市は大店法などの網をかけるもドンドン進出する外資産業には打つすべなく商店街は寂しくなり、市場原理の戦いに負けた外資産業は広大な延床面積の空き地と廃屋を残していく。。。トホホ(ーー;)

その廃屋と空き地があった場所は、20年前はせせらぎがあり子どもたちが仲間を呼んで遊んでいた場所、こんな20年という短期間で、地方都市に残ったのは人口減で寂しくも意味もなく広げられた都市開発の爪あと。

その爪あとを絆創膏を貼って応急手当でもしようとする特効薬が経済産業省というお医者さんから処方された効くか効かないかわからない薬がTPP薬錠剤か!?

そんな薬に負けない地方都市を創っていくのは、オレたちの世代だ!!!

なんか、TPPPPP・・・って、、、

そんな略語に振り回されたくないのだ(ー_ー)!!
posted by velostyle at 18:06| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜多方でファッションショーLee・Lives のデニムつなぎモデル募集!

喜多方でファッションショー
Lee・Lives のデニムつなぎモデル募集!





 日時:平成23年11月23日(水)勤労感謝の日
     10時〜16時(拘束時間)
      ※集合時間は後ほどご連絡いたします。

 場所:喜多方プラザ
    会津エンジン06 喜多方会場



●募集定員 20名(男女比率半々)
  男性 年齢制限なし
    (農作業でも使用できるデニムつなぎをPR)
  女性 40代までの方
    (女性でも着れることをPR)
  ※会場に来ることができる方

●募集事項
  顔写真、全身写真、身長、体重、連絡先
  (携帯にて写真を撮りメールに)

●昼食は、お弁当をご提供



【  特    典  】
 当日は、レミオロメンメンバーのライブを特別席で観覧できます。


以上の条件でできる方おられましたら自薦他薦かかわらず
下記にご連絡いただければ幸いです。

【お問合せフォーム】
http://velostyle.net/modules/ccenter/?form=1
posted by velostyle at 13:54| 福島 ☁| Comment(0) | ■何とかせねば喜多方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先日、ご案内しましたモデル募集の案内でしたが、男性の方々が足りない状態ですので11月23日お時間ございましたら是非、この機会にかっこいいデニムのつなぎを着てみて...

先日、ご案内しましたモデル募集の案内でしたが、男性の方々が足りない状態ですので11月23日お時間ございましたら是非、この機会にかっこいいデニムのつなぎを着てみてください。。お問合せお待ちしております。

喜多方でファッションショー
Lee・Lives のデニムつなぎモデル募集!

 日時:平成23年11月23日(水)勤労感謝の日
     10時〜16時(拘束時間)
      ※集合時間は後ほどご連絡いたします。

 場所:喜多方プラザ
    会津エンジン06 喜多方会場

●募集定員 20名(男女比率半々)
  男性 年齢制限なし(農作業でも使用できるデニムつなぎをPR)
  女性 40代までの方(女性でも着れることをPR)
  ※会場に来ることができる方

●募集事項
 ・顔写真、全身写真、身長、体重、連絡先(携帯にて写真を撮りメールに)

●昼食は、お弁当をご提供

【特典】
 当日は、レミオロメンメンバーのライブを特別席で観覧できます。

以上の条件でできる方おられましたら自薦他薦かかわらず
ご連絡いただければ幸いです。

ダイレクトメッセージにて応募要領をご記入の上ご連絡ください。
posted by velostyle at 13:51| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

須磨章氏講演「フランス煉瓦都市アルビと喜多方の蔵」

須磨章氏「フランス煉瓦都市アルビと喜多方の蔵」講演


世界遺産の番組に関わって8年になり喜多方に感謝する気持ちが出発点と考えています。世界遺産条約が1972年に発効してから40周年を向かえることになりました。


代表的な世界遺産をご紹介いたします。


【スペイン中央部の古都セゴビア】
ローマ時代の水道橋から映像が始まる。そして、セゴビア城、白雪姫のモデルになったお城。市街地へ向かいローマ時代に作られた水道橋。長さ800m、アーチ型の橋脚、お互いに圧力が掛かる石積み工法で現在まで壊れない。地震がないこともある。水源は、アセベタ川、用水路を通って市街地に至る。3度の傾斜をつけることで、一定の供給量を確保している。土木技術の高さが遺産として認められた。


このことから、世界遺産とは、人類にとって普遍的で顕著な価値が認められ、今でも使われていることがポイントであることがご理解いただけるものと思います。このように最初は石の文明が世界遺産として登録されたのです。それに反して、日本は木の文明です。ヨーロッパは石の文明と思われがちですが、木の文明もあるのです。



【ルーマニア、マラムレシュ地方の木造教会群】
モミの木に特別な思い入れがある。モミの木は暮しの全てを包み込む命の木、人々の精神的支柱である。フィヨルド、バイキングの人たちの木造船技術を木造教会建築に転用した。戦争に負けて、建築材料として石の使用は禁じられた。木造であるならばと許可された。つまり、建築資材としては、石よりも評価が低く格下ということになる。大聖堂はこうして木造となったが、大理石に似せた技術等、まことに素晴らしい。


日本が世界遺産条約に加盟したのは、発効後、20年後でした。法隆寺を世界遺産に登録申請時の驚いたエピソードを紹介したします。調査官が問題としたのが、法隆寺の神聖さ、本物性であったのです。火事とか、木の腐食で建設時のものではないのではないかという疑いですね。反論として、当時の設計図が残っているとか、同種の木材で補修し永続性を保っているという主張を行い認められたのです。
世界遺産としての建築材料として、石が取り上げられ、次に木材でした。その次は、土でした。



【アフリカはマリ、ジェンヌの旧市街地】
土のまち。最も高い建物のモスク。一般住宅まで、すべて土で作られた建物。喜多方の蔵も土で作られているけど。西暦1300年頃に作られ現在に至っている。ニジェール川が運んでくる粘り気の強い泥が材料である。日干し煉瓦を積み、その上にその泥を塗って仕上げる。年に一度行われるモスクの化粧直しは町の一大行事である。その泥を上塗りする、ということは、毎年新しいものになるから、永続性では日本の伊勢神宮の建て替えと同じと思うが、世界遺産として登録されている。


世界遺産条約の条約批准国は187カ国、そのうち、登録されている国が34カ国。条約発端は、エジプトのアスワンハイダムの建設に伴う、アブ・シンベル神殿問題。ダムを作るか、遺産を潰すか問題となり、解決策としてユネスコに持ち込まれました。世界各国の協力によって、神殿を高所に移設してダムは建設されたのです。このような問題が生じないよう、人類の貴重な遺産を将来に残す方法として、条約が考えられたわけです。
現在の世界遺産登録数は963あります。



【フランスの司教都市アルビ】
レンガづくりのまちアルビ、ローマカトリックの中心都市、15〜19世紀にかけて繁栄したまち。現在の人口は55,000人。規模は喜多方市と同程度。アルビの旧市街地は人口1,000人、そんな狭いエリア。このまちには建築資材としての石がないので、レンガを使用した。その中心が大聖堂。今の利用は、19世紀に活躍した画家アンリ・トルーズ・ロートレックの退廃した芸術画で埋め尽くされている。どうして、レンガづくりのまちが残されているのか。それは人々の想いである。この建物主は、2500万円もかけて補修した。1/4程度は公的資金が入っているようだが。エレベーターもない古い建物を大事に使用している。背景には1940年のナチス侵攻と占領がある。国土は破壊つくされた。亡命政府のルイ・オートフールは、歴史的町を残すために主要な歴史的建造物の周囲500mの範囲を保存する法令を創設した。それが、そのまま残っているということだ。それで、アルビ大聖堂を中心とした半径500mの区域は保存されることになった。政府は、建造物建築監視官を各県に1名〜2名を配置して、その建築許可行政を行っている。今は、全国に150人。毎年その試験にはが250人が挑戦しても10人が合格という難関だ。


監視官のジュロネさんは10年前から携わり、とてもやりがいのある仕事だとコメントしていました。大聖堂前の集合アパートの壁の色は、長い話しあい、試験塗を経て、結局は管理官の提案するベージュとなったようです。でも、家主はこの制度に満足しているのです。実は、アルビの旧市街地は1960年代にはスラム化していました。裏通りには電気も無かったのです。市当局は再開発計画を通そうと、補修の予算付けはしていなかったからです。丁度、喜多方のように、旧市街地を守る会の創設、互助組織の活動は、再開発計画を潰しました。その後、市は、世界遺産登録にも主導的役割を果たしたのです。その辺も、当時の唐橋東市長を動かした喜多方の人々と共通点があると感じました。アルビは、50年かかって世界遺産登録を果たしたのです。


アルビの人口は55,000人です。


【フランスの司教都市アルビ】


喜多方は、原子力事故による観光客激減など大変な時期に遭遇しています。だからこそ、このような都市と意見交流が必要でないのかでしょうか。


豊かな発想と行動は学ぶことから始めるべきではありませんか。


一気に姉妹都市をというのは、無理な話しだと思いますよ。最初の提案として蔵の会でツアーを組み尋ねることはどうでしょう。私が、アルビとの橋渡しはいたします。絶対にヨーロッパ人は蔵に興味を持つと思います。喜多方を世界に情報発信するよい機会であると確信しています。長い時間お付き合いいただき本当にありがとうございました。
posted by velostyle at 12:14| 福島 ☁| Comment(0) | ■蔵のまちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

「きたかた大使」による"元気な喜多方"全国発信シンポジウム 〜本市産業の更なる活性化と原発事故による風評被害払拭へ向けて〜 小椋 義友 大使(首都圏熱塩...

「きたかた大使」による"元気な喜多方"全国発信シンポジウム
〜本市産業の更なる活性化と原発事故による風評被害払拭へ向けて〜




小椋 義友 大使(首都圏熱塩加納ふるさとネットワーク会議 顧問)五枚沢出身

〜農業は儲からない、魅力がない、農業離れをさせないために〜

・有機農業から冬期湛水(冬水田んぼ)による自然農法の推奨
  コシヒカリ 10a 8〜10俵 ⇒ 10〜15俵 の収量
・若い担い手が米作りという生業として暮らしていける環境づくり
・魅力と収益を生むことのできる農業の勉強会開催を推進

〜蔵のまち喜多方を守るために〜

・茨城県桜川市東桜川「真壁」の取組み
 価値ある物件を登録有形文化財申請し認定された物件の固定資産税を軽減
 文化財保護に関する税制優遇措置【WEB】
 http://www.bunka.go.jp/1hogo/kikaku/kikakuchousakai_4_siryou7.html


佐藤 賢太郎 大使(彫刻家)喜多方高校 新潟県出身
 現在の桃源郷をつくりたい

〜まずは、来てもらえるキッカケづくり〜

・ホタルの住める環境づくり、せせらぎづくり
・蔵や納屋などを改修し付加価値をつける
・里山アート



須磨 章 大使(NHKエンタープライズシニアエグゼクティブプロデューサ)

〜蔵のまち喜多方と世界遺産フランス アルビについて〜

・フランス アルビの旧市街はスラムから発展を遂げた
・アルビが世界遺産になり生活空間を観光客に見せることになるが、プライベート空間であり見せ方に苦慮しているところなど蔵のまち喜多方に良く似ている
・震災後に風評被害に苦しむ喜多方としては、今までにない事業も必要と考える。アルビとの連携を考えることもひとつであると思う。



羽山 泰弘 大使(芝園開発 取締役特別顧問、NPO been自転車環境創造ネットワーク 理事長)

〜山ネズミのじれんま〜

寒い日に暖を取るため寄り添って寝たいが針が邪魔で寝れない。

ほどほどの痛みを我慢して暖を取り寝ることができた。



坂内 善次郎 大使(日本体育施設 代表取締役会長、日本運動施設建設業協会 理事長)



渡部 速夫 大使(葛梔、プラザホテル 常勤監査役、元鞄本政策投資銀行 監査役室長)

〜東北の問題点は〜

・支店長時代に東北の様々な調査を行いわかったのは、若者が定着できない環境だということ、東北の若者における就職率の低さ

〜これからの産業創出と振興〜

・東北で自動車産業の集積と連携を図ってきた、裾野が広い産業であることから関連企業も同エリアに集積し多くの雇用を生みだした。

・六次産業の振興
 庄内の食、鳴子温泉と米農家連携、市役所職員牧場経営
http://www.jinji.go.jp/shougai-so-go-joho/work/2_7.html
 住友化学(各地に農業法人をつくり、山形では50戸でトマト、イチゴを

〜これからの産業振興計画〜

■ 短期 3.11の収束策
 ・全世界から原子力専門家の招聘、調査し数値の公表
 ・本来の生活の安定化(国ができなければ自治体で)
 
■ 長期 雇用と安定した明るい地域に
 ・原子炉の冷温停止後の産業
 ・中通り、会津の役割(郡山 医療、会津にかけて温泉健康ランド)
  ⇒喜多方の立ち位置をどこにするか?
 ・六次産業(付加価値で横につながる)

キーワード
『連携とつながり』








・各国で財政破綻による暴動が起きている、しかし、震災後東北でも福島でも暴動は起きていない。品格ある東北人である。






文化財保護に関する税制優遇措置について
www.bunka.go.jp
posted by velostyle at 23:27| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は、きたかた大使全国発信シンポジウムがかいさいされます。 そのあとは、 大使の須磨章さんの講演会 フランス中世都市アルビと喜多方の蔵 講演会

今日は、きたかた大使全国発信シンポジウムがかいさいされます。

そのあとは、
大使の須磨章さんの講演会

フランス中世都市アルビと喜多方の蔵 講演会
posted by velostyle at 08:58| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

喝祭きたかたも後片付けが終わり 反省会の会場! 乱入あり! 福井の審査委員長へ 直談判の舞(^^ゞ

喝祭きたかたも後片付けが終わり
反省会の会場!
乱入あり!
福井の審査委員長へ
直談判の舞(^^ゞ


ウォールの写真
posted by velostyle at 20:58| 福島 ☁| Comment(0) | (カテゴリなし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。